【簡単説明】初心者向けアフィリエイトの始め方

アフィリエイトをやってみようと思うけど、結局何をしたらいいの…??

特にWEB業界や広告業界ではない人がアフィリエイトをやってみようと思った場合、まず何から始めたらいいのかわからないという事は多いかと思います。
僕の場合はWEBや広告というものが身近なものだったので、ある程度道筋を立てて始める事ができましたけど、きっとそうではない方のほうが多いでしょう。

そんな「アフィリエイトを始めたいけど、とにかく右も左もわからない」という方に向けて、これからアフィリエイトを始める上でまずやるべきこと、準備するべきこと、そして考えるべきことをご紹介します。

アフィリエイトを始める為に必要なこと

極々初心者向けの内容となるので、既にアフィリエイトを始めているという方には少々退屈な内容かも知れませんが、アフィリエイトを始める為に事前に決めておくことや、予め用意しておくべきものがいくつかあります。

とても当たり前の事なのですが、こうした事前の準備や用意はその後のアフィリエイトの効率を高めることや、成功への可能性を広げる事に繋がるのでしっかりと考え、準備をしていきましょう。

まずアフィリエイトする商材を決める

アフィリエイトを始める上でまず何よりも最初にやらなければならない事、それは「商材を決める事」です。
商材というと分かりにくいかも知れませんが、要するにアフィリエイトで何を売りたいのかという事ですね。

アフィリエイトのジャンルの記事で簡単にお伝えしていますけど、アフィリエイトには本当に様々なジャンルがあります。
例えば物を売る物販系のアフィリエイトや、サービスを提供する登録系のアフィリエイトなど、世の中にあるものの多くはアフィリエイトの対象になります。

その中で自分がどのアフィリエイトをやるのかというのはまず最初に決めないといけません。

ただ初心者の方は「一体どれをやればいいのかわからない」という状態である事も多いかと思います。
そんな時に一番の決め手になるのは「自分がどのジャンルに一番詳しいのか」という事が大事かなと思います。

アフィリエイトの流れとして最もスタンダードなものは

サイト(ブログなど)を作る

アフィリエイトの商材を紹介する

利用者に登録や購入をしてもらう

報酬発生

このような流れになります。

ですので、まずはアフィリエイトを行う場所を作らなければいけません。
多くはブログなどになるかと思いますが、その場合アフィリエイトの商材についての記事を書く事は勿論、そのサイト自体が商材と関連性の高いものでなくてはいけませんので、必然的にその商材のこと、若しくはそれに近しい知識が必要になります。

それを一から勉強しても当然構いませんけど、最初にそういった形を取ってしまうと事がスムーズに運ばず、きっと挫折します…(笑)
なので最初は自分が元々詳しいジャンルや好きなジャンルで初めてみるのが一番です。
※アドセンスを使ったトレンド系アフィリエイトなどはまた内容が異なります。詳細はコチラで。

Check
最初にアフィリエイトを始める時は利益云々よりも自分が得意且つ詳しい商材を選ぶべし

サイトを作る為にレンタルサーバーを契約する

レンタルサーバーの画像

自分が取り組むアフィリエイトのジャンルを決めたら、次にやるべき事はレンタルサーバーを契約する事です。
全くのWEB初心者の方の為にレンタルサーバーというものを簡単に説明をすると「自分が作ったサイトを置いておく場所」と認識しておけば問題ありません。

WEBサイトというのは当然インターネット上に置いておくものですが、そのインターネット上に公開する為にはそうしたサーバーが必要であり、現在はそうしたサーバーをかなり安い費用で借りる事ができます。
具体的にどんなサーバーがあり、どういったサーバーを選べばいいのかは「おすすめレンタルサーバー」の記事で説明をしていきますが、最初という事であればあまりスペックなどには拘り過ぎず、料金が安くサーバー管理画面が使いやすいものを選ぶのが良いと思います。(高額なサーバーを契約して挫折した…となっては勿体ないですからね笑)

※アメブロやFC2ブログ、ライブドアブログなどの場合はサーバーの契約は不要です

現在、かなりの数のレンタルサーバーが存在していますが、個々に特徴がありアフィリエイトにおいてはそのジャンルによって利用するサーバーを変える事も必要になります。
例えばアダルト系のアフィリエイトの場合、利用できないサーバーなどもありますので、そういった点も注意した上でサーバーを選ぶようにしましょう。

ドメインを取得し、サイトを作成する

アフィリエイトでのドメイン取得

レンタルサーバーを決めたら、そのサーバーに置くサイトを作成します。

アフィリエイトで最もスタンダードなものはブログ形式のサイトですが、上でも軽く触れたようにアメブロやFC2ブログ、ライブドアブログを利用する場合は基本的には記事を書く事と簡単なサイトデザインをするのみなので、手間は掛かりません。

ただ、そういったブログサイトを利用しない形でのアフィリエイトサイトを作成する場合にはレンタルサーバーを契約し、そこに置くサイト用のドメインを取得する必要があります。
ドメインというものがよくわからないという人の為に簡単に説明しますと、「ドメインはそのサイトの住所のようなもの」です。例えば本サイトであれば「副業投資.net」がドメインになります。

これはある程度自由に決める事ができますが、使用できない文字などもあります。

多くの場合は新規取得という形になりますので、ドメイン取得業者に登録し、ドメインを年間契約で取得する形になります。
有名どころで言えばGMOが運営する「お名前.com」ですが、ここ以外にも「バリュードメイン」「スタードメイン」などがあります。初心者の方は特に拘りなどがないようであれば「お名前.com」に登録し、取得すればまず問題はないでしょう。

ドメイン取得に関しての詳細は「ドメインとSEOの関係」で詳しくお伝えします。

実際にドメインを取得したら次はいよいよサイトを作成します。
サイトを作成するにあたり色々な方法がありますが、WEBスキルに長けた人でないという事でしたら、個人的にはWordPressでの作成をおすすめします。

詳細な作成方法は「WordPressで作るアフィリエイトサイト」でお伝えしますが、簡単に言えばサイトを作成する上でのテンプレートが用意されており、それに沿った形で手軽に自分だけのブログやWEBサイトを作成できるものと認識してください。アフィリエイト用のサイトとの相性も良く手軽に更新などをしていけるので、特にブログ形式のサイトであればWordPressを使用しているアフィリエイターさんはとても多いです。

このサイトもWordPressが使われていますし、もしサイト作成に関してはよくわからないという人はWordPressを使っておけばまず間違いないと思います。
色々といじっていく内にHTMLなどの知識も自然と身についていくと思いますのでおすすめです。

アフィリエイト掲載の為にASPに登録する

アフィリエイトサービスプロバイダ

自分のアフィリエイトサイトを作成したら、次はアフィリエイトをする商材を実際に自分のサイトに掲載する為にASPと呼ばれるものに登録します。

ASP=アフィリエイト・サービス・プロバイダ

ASPとはなんのこっちゃ?と思われる方も多いと思うので説明しますと、ASPとは「アフィリエイトリンクを発行している卸業者」のようなものと認識しておいてください。
アフィリエイトは以下のような流れでアフィリエイターのサイト掲載に至ります。

クライアント(アフィリエイト商品の販売元など)

ASP

アフィリエイター

購入者

つまり、ASPというのはアフィリエイトする為の商品を総合的に扱う中間業者と言えます。
稀にクライアントから直に引っ張る案件などもありますが、基本的にはこうしたASPを利用してアフィリエイトの商品を掲載します。

国内の大手で言えば有名なのはA8などですが、アフィリエイトをやる上で各ASPによって得意なジャンルが違いますので、詳細は「登録必須のおすすめASP」で説明します。

大切な事はサイトを育てる事

簡単ではありますが、上記でアフィリエイトの始め方としては全てが完了します。

「サイトを作成し、アフィリエイトする商品を掲載するだけ」

アフィリエイトとはこれだけなのですが、結局のところどれだけいい商品をどれだけ多くの人に見てもらって、登録や購入をしてもらえるのかで毎月の報酬が大きく変わってきます。
初心者の方でアフィリエイトは簡単に稼げると考えている方もいらっしゃるかも知れませんが、アフィリエイトは「誰でも始められるものではあるが、誰でも稼げるものではない」という事を覚えておいて欲しいと思います。

大切な事はただサイトを作ったらそれでOKという事ではなく、サイトを作るのは大前提として、「そのサイトを如何に利用者にとって有意義なものに育てていくか」が何よりも大切な事だと思います。

勿論、ここに書いた以外の方法でのアフィリエイトも数多くありますが、あくまで最もスタンダードで一般的なアフィリエイトの方法をご紹介しました。
特にこれからアフィリエイトを始めたいと思っている方に参考にして頂けたら幸いです。

月利"20%"が見込める
おすすめビットコインFX売買ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク