アフィリエイトで最も効果の高いSEO対策とは?

SEOのイメージ

一般的なアフィリエイトを行う中で必ず必要になってくるのがSEOの知識。深い専門的な知識まで必要という事ではありませんが、例えばブログやランキングサイトなどによる検索エンジンからの流入を主としたサイトを運営している場合は必ずSEO対策が必要になります。

アフィリエイト初心者の方にはあまりピンとこない部分もあるかも知れませんが、サイトへの訪問者の流入経路は検索エンジンからというのが大半を占めています。

そしてその訪問者を増やす事がアフィリエイトで稼ぐ為に必須となり、訪問者を増やすという事はSEOによる検索結果の上位表示が必要になってくるという事です。

適正なSEOはアフィリエイトで最大利益を生む

一部には自分のサイトを広告出稿し、そこからの流入で収益を上げるというケースもありますが、初心者の方が簡単にできるというものではありませんし、何よりその場合元手が必要となります。

あくまで本業を持った上での副業としてのアフィリエイトを始めるという部分を考えると多くの元手を必要とするアフィリエイト手法ではナンセンスですよね。

そこで重要になってくるのが「SEO」の知識です。

SEO対策をしっかりと行い、検索結果の上位に表示させる事ができればわざわざ広告出稿などをする事がない為、サイト維持の為の必要なコストを少なくする事が可能ですし、利益率も遥かに高いです。

そんな収益性の高いサイトを作成していく為にも今最も有効的なSEO対策についてお伝えしていきます。

SEO対策を難しく考えない

悩む女性のイメージ

SEO対策という言葉は何やらとても難しいもののように感じます。

確かに専門的な業者が行うようなレベルのSEO対策となるとそれなりに専門的な知識やツールなども必要になってくるでしょう。

ですが、アフィリエイターの場合、そういった部分に割く時間や金額はできるだけ抑えたいものです。

ですので、まずやるべき事はSEOに関する初心者でもできるレベルの対策という事になります。

と言っても何も難しいものではなく、サイトを作っていく上で当たり前に行う事が自然とSEO対策としての効果があるものも多いです。

下記はSEO対策の中でも簡単に行う事ができるレベルのもので、代表的な対策と言ってもいいものですが、こうした事を意識して作成していく事で「気づいたら自然とSEO対策ができている」といった形で行う事が理想的でしょう。

「サイトはなんとなく作るもの」ではなく、「予めSEOを意識して作成していく」という事ですね。

ソースコードの適正化は必須

ソースコードのイメージ

基本的にWebサイトはHTMLによって作られていますが、そのソースコードにもある一定の決まりがあります。
代表的なもので言えばh1やh2と言われるコンテンツの見出しに使われるタグです。こうしたタグをしっかりと意識してコンテンツを作成していく事は何よりも大切です。

HTMLは人が見るWebサイト上では問題なくても、順位を評価する検索エンジン側のプログラム(クローラー)にはそのように映っていない事があります。

主題となる文字列にはしっかりh1を指定する、次に大きな見出しにはh2を指定、さらにリストの表記の場合はulやliタグを使うなど、人の見た目には大して問題がない部分でも、クローラーはHTMLを読んで文法を把握するので、それがめちゃくちゃになってしまっていると「このサイトのコンテンツはめちゃくちゃだ」と判断されてしまいます。

そうなってしまうとどのように評価されるでしょうか?

例えば、普通の人であれば文法がめちゃくちゃな本を読みたいとは思いませんよね。それよりはしっかりとタイトルがあって、見出しがわかりやすく書かれていて、内容が整理されている本のほうが読みやすいと思うはずです。

自分の目にはそう見えていなくても、プログラム側ではそう映っていない事が多々ありますので、HTMLの文法についてはしっかり理解した上でサイトを作成するという事をまず意識していきましょう。

Check
人だけではなくクローラーが読みやすいサイトを意識して作成する

WordPressなどのツールはそうした知識がなくても、ある程度しっかりとした文法でサイトを作成できるように作られています

最高のSEO対策は充実したコンテンツ

上記のソースコードの適正化は誰でも簡単に行えるレベルのものです。勿論ある程度のHTMLの知識は必要になりますが、それほど難しいものではありません。ですので、そこはある意味サイト作成における前提の部分と言ってもいいでしょう。

そして、今現在で何よりもこれが最も重要だと思われる、検索順位を上げる為に効果的なSEO対策をご紹介します。それは…

「コンテンツの充実」

それだけ?と思われてしまうかも知れませんが、今現在のGoogleの評価で最も評価の大きい部分を占めるのは間違いなくこれです。

数年前までならば、充実したコンテンツでなくともバックリンクやドメインパワーを利用した「ブラックハットSEO」で検索順位を上げる事が可能でした。

ですが、最近ではより評価が高精度になり、いくらバックリンクなどを使ったところでサイト自体のコンテンツがそれに伴うものでなければ検索順位は上がってこないといった状況になっています。

こうしたコンテンツを充実させるような対策をブラックハットSEOに対して「ホワイトハットSEO」と呼びます。

昔からそうしたSEO対策はありましたが、以前に比べブラックハットSEOの効果が薄くなり、各段にホワイトハットSEOの効果が強くなってきているのが現在のSEOです。

Check
サイトをより良いものにするホワイトハットSEOが最高のSEO対策

サイトコンテンツの充実とは?

良いコンテンツのイメージ

一概に充実したコンテンツと言ってもそれが具体的にどういったものなのかは難しいところですよね。

ブログ形式のサイトを例に挙げると、一つのサイトの記事数が数百、数千とあれば確かにコンテンツは充実していると言えるでしょう。

ですが、単純に記事数が多ければ良いのかというとそうではありません。

ここで言う充実とはその記事が「読み手にとって有益な記事であるかどうか」という事です。

ただ数が多いだけで内容がペラペラの記事が数百あるサイトよりも、その記事を読んでとてもためになったと思う訪問者が多い記事が一つあるほうが評価が高いという事もあります。

アフィリエイターに限らずSEOに関係する人ならば何となく理解できる部分ですが、そういった部分の知識が薄い人の場合、「そこまでわかって評価してるの?」と思われるかも知れませんが、現在のGoogleの評価というものはとても機械が自動で評価しているとは思えない程の精度を持っています。

「人が読んでいいと思ったものが高い評価を受ける」というレベルでサイトが評価されていると言ってもいいでしょう。

そういった点から考えると、今現在充実していると判断されるコンテンツは「ユーザーニーズに沿ったものであり、読み手が満足のいく内容であること」がその条件に挙げられます。

僕自身はアフィリエイトのコンサルなども行いますが、その時に説明する最もわかりやすい説明として

「沢山の人が読んで良いと評価される本」

という言葉を例として挙げます。

多くの人が良いと評価をする本は当然売れますよね?Webサイトやその記事の評価にも同じ事が言えるという事です。

ブログ形式のサイトであれ、ランキング形式のサイトであれ、検索エンジンからの流入という事は何かしらの目的を持ってそのサイトを訪れています。

そしてその訪れた人が求めていた内容がしっかりと記されていた、とても勉強になった、参考になったなど大きくプラスの評価をするサイトや記事は自然と評価も上がってきます。

つまり上で挙げたように「沢山の人が読んで良いと評価される本」と同様に多くの人間が良いと思う記事やサイトは「売れる」=「評価の高いものである」となります。

Point
小手先ではなく「良いサイト=評価の高いサイト」という単純な仕組みとして考える

かなりざっくりとした説明にはなりますが、実際にこれからアフィリエイトのサイトを作成していく上で最も考えなければならないのは、その作ろうと思っているサイトや記事が如何に読み手にとって有益なものであるのかという部分です。

多くの人が読んでよかったと思えるものを作る事ができれば、余計なSEO対策などをする必要もないくらいに高い評価を得る事ができます。

現在のSEO対策は小手先ではなく本当に良いものを作っていくこと、これに尽きるでしょう。

月利"20%"が見込める
おすすめビットコインFX売買ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク