海外のおすすめ仮想通貨取引所「Poloniex(ポロニエックス)」の登録方法と使い方まとめ

注目度が上がり続ける仮想通貨

その中でも国内取引所のコインチェックなどはかなりの勢いで利用者数を増やし、取引高もうなぎ登りになっていると言われています。
ただそれはあくまで国内取引所での話。ビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要通貨だけの取引でいいのなら国内の取引所で事足りるのですが、「もっとマイナーな珍しい通貨の取引をしたい!」場合などはどうしても海外の取引所に登録をする必要があります。

その中で最も大手で信頼性の高い取引所と言えばアメリカに拠点を置く「Poloniex(ポロニエックス)」で間違いありません。
取扱の通貨数だけで言えば、同じくアメリカのBittrexなどに劣りますが、取引高はPoloniexのほうが圧倒的に高く利用者も多いです。

国内の取引所で買える通貨以外の取引を行う場合、必ず登録する事になると思われるPoloniexの登録方法や使い方をまとめました。

Poloniexの取り扱い仮想通貨一覧※2017/7時点

・Bitcoin(BTC) ・Ethereum(ETH)
・Ethereum Classic(ETC) ・LISK(LSK)
・Factom(FCT) ・Monero(XMR)
・Augur(REP) ・Ripple(XRP)
・Zcash(ZEC) ・NEM(XEM)
・Litecoin(LTC) ・Dash(DASH)
・Siacoin(SC) ・GameCredits(GAME)
・Florincoin(FLO) ・Synereo AMP(AMP)
・Ardor(ARDR) ・Bytecoin(BCN)
・BitCrystals(BCY) ・Belacoin(BELA)
・BlackCoin(BLK) ・BitcoinDark(BTCD)
・Bitmark(BTM) ・BitShares(BTS)
・Burst(BURST) ・CLAMS(CLAM)
・Decred(DCR) ・DigiByte(DGB)
・Dogecoin(DOGE) ・Einsteinium(EMC2)
・Expanse(EXP) ・FoldingCoin(FLDC)
・Gnosis(GNO) ・Golem(GNT)
・Gridcoin Research(GRC) ・Huntercoin(HUC)
・LBRY Credits(LBC) ・MaidSafeCoin(MAID)
・Nautiluscoin(NAUT) ・NAVCoin(NAV)
・Neoscoin(NEOS) ・Namecoin(NMC)
・DNotes(NOTE) ・Nexium(NXC)
・NXT(NXT) ・Omni(OMNI)
・PascalCoin(PASC) ・Pinkcoin(PINK)
・PotCoin(POT) ・Peercoin(PPC)
・Radium(RADS) ・Riecoin(RIC)
・Steem Dollars(SBD) ・Storjcoin X(SJCX)
・STEEM(STEEM) ・Stellar(STR)
・Stratis(STRAT) ・Syscoin(SYS)
・Tether USD(USDT) ・Viacoin(VIA)
・VeriCoin(VRC) ・Vertcoin(VTC)
・BitcoinPlus(XBC) ・Counterparty(XCP)
・NEM(XEM) ・Primecoin(XPM)
・Vcash(XVC)

海外に数多くある仮想通貨取引所の中で最大と言われているのがこのPoloniexです。以前は断トツだった感がありますが、2017年には日本国内の取引がかなり活発化し、ビットコインに関して言えば取引量の上位はほぼ国内の取引所が占めています。

ただ、そうは言ってもPoloniexでは国内取引所では買えない数多くの通貨があります。
このサイトでおすすめしているGameCredits(GAME)SiaCoin(SC)なども2017年7月現在では国内では取り扱いがない為、Poloniexなどの海外取引所で購入する形になります。

まず参入という事であれば国内の取引所で問題ありませんが、今後他の通貨にも手を出していきたいという場合は必ず登録する事になる取引所かと思いますので、ぜひ登録方法や使い方を参考にして頂けたらと思います。

Poloniexへの登録方法

Poloniexを含む海外の仮想通貨取引所への登録は大して難しいものではありません。
英語の表記になるので少し躊躇する部分はありますが、基本的にはログイン情報とパスワードを決めてアカウントをすれば登録は完了します。

下記でキャプチャを交えて説明していきます。

まず最初にPoloniexのサイトを見ると下記のようなページが表示されています。

ログインを行う画面ですが、この画面の真ん中にあるボタン「Create Your Account」をクリックする事で新しいアカウントを発行できます。ログインする場合はその下にある「Already a member? Sign in.」をクリックでログイン画面へと移ります。下記キャプチャはアカウント作成の情報入力画面です。

入力項目がいくつかありますが、このうちの電話番号は任意での入力になりますので、この時点では入力してもしなくても構いません。
ただ、Poloniexでは一日あたりの送金に上限が設けられていますので、その上限の解除をする場合、電話番号での認証が必要となり、登録をする事になりますので、この時点で登録しておくほうが良いかと思います。

First Name…名前
Last Name…苗字
Country…国
Phone Number…電話番号(任意)
Email…Eメールアドレス
Password…パスワード
Repeat Password…パスワード再入力

上記の入力をし、「私はロボットではありません」にチェックをし、その下の「I agree to the Terms of Use.」にチェックを入れて「Create Account」をクリックします。
※「I agree to the Terms of Use.」とは利用規約に同意しますの意味

クリック後、下記のような画面が表示されると先ほど登録したメールアドレスに確認のメールが送信されます。
そちらに記載されているURLからもう一度サイトへ飛びましょう。

メールに記載のURLからサイトへ飛ぶとサインインを求められます。
先ほどの登録したアドレスとパスワードを入力してサインインしましょう。
以前登録した際に下記画面から中々ログインできないという状態になったことがあります。その際には特に何もせず時間をおいた後に再度試したところログインできたので、同様の状態になったら焦らず少し時間をおいてみましょう

これで登録は全て完了です。
仮想通貨取引所では国内海外に関わらず、登録後には必ず二段階認証を行っておく事が必要ですので、次は二段階認証を進めていきます。

Poloniexでの二段階認証の方法

登録完了後、ログイン(サインイン)すると下記のような取引画面が表示されます。
この画面がメインとなる取引画面ですが、まずは二段階認証を行いましょう。

二段階認証は右上部のメニューにあるスパナマークの中にある「TWO-FACTOR AUTHENTICATION」から設定できます。
まずスパナマークにカーソルを合わせ「TWO-FACTOR AUTHENTICATION」をクリックします。すると下記画面が表示されます。

この画面にあるQRコードをGoogle Authenticator(Google認証システム)というアプリで読み込みます。その際に必ずQRコードの下にある「16-Digit Key」をコピーするなどして保存しておきましょう。
これはGoogle Authenticatorで万が一があった場合のバックアップとなるので大事なコードです。

QRコードをGoogle Authenticatorで読み込んだら、左側にある入力窓に自身のパスワードと、Google Authenticator上に表示されているコードを入力し、「I have backed up my 16-digit key.」にチェックをつけ「Enable 2FA」をクリックして二段階認証をONにします。

設定後にOKなどの画面が表示されない為、しっかり設定されているかわかりにくいですが、上記の画面のように表記がDISABLEDからENABLEDに変わっていれば設定されているので問題ありません。

Google Authenticator(Google認証システム)について
Google AuthenticatorはGoogleが提供しているワンタイムパスワード生成のアプリです。「Android版」「ios版」共にアプリストアからすぐにダウンロードが可能です。

Google Authenticator(Google認証システム)の詳細はコチラ

本人確認による送金上限額の引き上げ方法

Poloniexではセキュリティの為、一日で送金できる金額に上限が設けられています。
登録段階では初期設定である$2,000以下と設定されています。それ以上の金額を送金する可能性がある場合は本人確認を行い、送金額の上限を引き上げる必要があります。送金の上限は以下の通りです。

設定 上限額 解除方法
Level 1 $2,000 登録完了後の初期設定
Level 2 $25,000 パスポートなどの本人確認書類提出
Enhanced 希望額 サポートに連絡の上、スカイプによるビデオ通話

あまり多くの金額を動かさないという場合は初期設定であるLevel1でも問題はないかと思いますが、僕の場合はその一つ上のLevel2の本人確認まで終了させています。

Level2の本人確認方法

送金の上限額を$25,000までとする為の本人確認をする場合、住所や電話番号などの個人情報の入力とパスポートなどの本人確認書類の提出が必要となります。
設定画面は右上部メニューの人型アイコンの中にある「MY PROFILE」から設定を行います。

赤枠の中に必要事項を入力し、本人確認書類を写真に撮り提出します。この際に必要なる写真はパスポートなどの写真とそれを手に持った形で自分自身を撮影した写真の二枚です。

Street Address…番地等
Street Address2…ビル、マンション名
City…市区町村
State…都道府県
Postal Code…郵便番号
Phone Number…電話番号(国コードから)
Date of Birth…生年月日
Passport ID…本人確認書類ID
Scan of Photo ID…本人確認書類の写真
Picture of yourself holding Photo ID…本人確認書類と自撮り写真

※免許証でもOKなのかも知れませんが、海外という事もありパスポートで認証しました

又、案内を見てみると下記のように本人確認書類の提出時に自身の写真と本人確認書類に合わせて「Poloniex+日付」を記入した紙を持つよう指定がありますので、そのガイドラインに沿って撮影し提出しましょう。

こちらの本人確認もあまり大きい金額を使わない場合や数日に分けて送金するといった形でも問題ないという場合は行う必要はありません。
初期設定の場合でも1日$2,000までとなるので、その辺りはご自身で必要だと思われた場合に行って頂ければ良いかなと思います。

Enhancedの本人確認方法

僕はここまでの本人確認は設定していませんが、調べてみたところEnhancedを解除する為にはスカイプによるビデオ通話が必要になるそうです。
手順としてはまずサポートにその旨を連絡するとスカイプIDを求められるそうなので、再度スカイプのIDを送信、ビデオ通話を行うという手順になります。

当然の事ながら英語での会話が必要になるので、英語が堪能でないと少しハードルが高いですね(笑)

スカイプで聞かれる内容としてはマネーロンダリングなどの目的ではないか、1日の希望上限額などという事なので安全確認という意味合いが強いのではないかと思います。
かなり大きい金額を動かす場合にはどうしても必要になってしまいますが、個人での投資の場合、そこまでの金額を1日で動かす必要はあまりないかと思いますので、こちらの設定方法の詳細は割愛します。

取引画面の使い方

最初に設定しておくべき内容を全て完了したら、次は実際に取引画面を触ってみましょう。
アメリカに拠点を置くサイトですので、当然の事ながら全て英語になります(笑)

と言っても、内容はそう難しくなく、他の取引所などを使った事がある方ならばわかりやすいものかなと思います。

通貨ペアの選択

メインとなるのは「EXCHANGE」の画面ですが、ここで通貨ペアを決め売買を行う事になります。
ここでは実際に売買の際に使う部分の使い方を説明していきます。

まずメインとなるチャートと各通貨ペアの選択画面です。
赤枠のMARKETS部分で軸となる通貨とそれに対する通貨のペアを選択します(キャプチャではBitcoinとEthereumのペアが選択されています)。
緑で囲ってある部分で軸の通貨を選択し、その下に表示されるリストからペアになる通貨を選択するという仕組みです。Poloniexで軸となる通貨は「Bitcoin(BTC)」「Ethereum(ETH)」「Monero(XMR)」「USD Tether(USDT)」の4種類となっています。

USDTとは
USDTは「USD Tether」という通貨名で法定通貨であるUSドルと同等の価値を持つ通貨です。国内からの取引で使用する事はほとんどないと思いますが、日本でいうところのJPYと同様のものと認識しておけば問題ありません。

買い、売り注文

取引をする通貨ペアを決めたら、次は実際の取引です。
下記キャプチャの部分で購入、売却を行います。説明は不要かも知れませんが「BUY ○○」で対象の通貨の買い、「SELL ○○」で対象通貨の売りという事になります。

買い注文方法

買い注文を入れる場合、希望の購入価格と購入数量を入力し「Buy」をクリックで買い注文が確定されます。

Price…希望の買い値
Amount…希望の購入数量
Total…購入に必要な軸通貨数量

BUY ○○と書かれている下にある「You have」と「Lowest Ask」はクリックするとそれぞれ入力窓に自動入力されます。例えば現在保有しているBTCを全額使って現在の価格で購入したい場合、「You have」と「Lowest Ask」をクリックして「Buy」を押す事で現在値で全てのBTCを使って購入という注文を出す事が可能です。

売り注文方法

売り注文を入れる場合、希望の売却価格と売却数量を入力し「Sell」をクリックで買い注文が確定されます。

Price…希望の売り値
Amount…希望の売却数量
Total…売却後に得る軸通貨数量

買いと同じくSELL ○○と書かれている下にある「You have」と「Highest Bid」はクリックするとそれぞれ入力窓に自動入力されます。例えば現在保有しているETHを全額使って現在の価格で売却したい場合、「You have」と「Highest Bid」をクリックして「Sell」を押す事で現在値で全てのETCを使って売り注文を出す事が可能です。

ストップリミット注文方法

Poloniexでは通常の売買の他に「STOP-LIMIT」という形での注文を出す事が可能です。
これは買い、売りの両方で出す事ができ、注文時にストップとリミットを設定して注文を出す事ができる仕組みです。

やや複雑な注文方法ですが、売り買いに関わらず「いくらまで価格が変動したら自動的にいくらで売買注文を出す」仕組みです。

Stop…一種のトリガーになる価格です。ここで設定した価格に相場が到達したらLimitで設定した価格での売買注文が発動します
Limit…Stopで設定した価格まで相場が変動したら、ここで設定した価格での売買注文を行います
Amount…希望の売買数量

BTCとETHでのストップリミット注文の例

買いの場合

例えば現在のETH値が0.010で100ETHの購入を考えているものとします。ただ、まだ下がるかも知れないから少し様子をみたいといった場合、万が一の上昇に備えてこのストップリミットを入れておくという方法が使えます。
0.010から更に下がると思っていたところ、価格がもし0.012に上昇したら0.013で自動で買い注文を入れるというものです。その場合、下記のように設定をします。

Stop:0.012
Limit:0.013
Amount:100

これでもし価格が想定通りの下落をせず上昇した場合、0.12になったら自動的に0.13で買い注文を行います。常に相場を見ていられる状況ではない場合などには有効ですね。

売りの場合

買いに対して売りでのストップリミット注文を行う場合、ETH値が0.010で100ETHの売却を考えているものとして、その価格よりも上昇すると見込んでいるとします。ただ、予想と反して相場が下落した場合に自動で売り注文を行う事が可能です。例えば0.010から更に上がると見込んでいたところ、価格が0.0095に下落したら0.094で自動で売り注文を入れるというものです。その場合、下記のように設定をします。

Stop:0.0095
Limit:0.0094
Amount:100

このように設定しておけば、更に上昇するという予想に反した場合でも売り注文を出す事ができます。

慣れないうちは間違って設定などしてしまう可能性もありますので、十分に仕組みを理解してから利用するほうが良いでしょう。

取引履歴の確認

取引画面の下部で過去に成立した取引と自分自身の取引履歴、そして現在注文を出している未約定の取引を確認できます。

赤枠の中でマーケットの取引履歴と自分自身の取引履歴を選択し表示します。

又、画面右の「MY OPEN ORDERS」では現在未約定の注文を確認できます。
注文後、やっぱりキャンセルしたいと思った場合はここに表示される注文履歴からキャンセルを選択する事で、売買注文を削除する事が可能です。

Poloniexへの送金、出金方法

日本国内からの取引の場合、多くは国内取引所でBitcoinやEthereumを購入し、それをPoloniexへ送り取引を行う形になるかと思います。
又、逆に全ての取引を終え日本円に換金する場合にもPoloniexでは仮想通貨を日本円に換える事ができない為、一度国内取引所へBitcoinやEthereumを送るという段取りが必要になります。

ですので、Poloniexを使う=国内取引所との送金手続きが必ず必要になりますので、その方法について説明していきます。
※国内取引所でも取り扱いのある仮想通貨をPoloniexで取引している場合、BitcoinやEthereumに換えずその通貨自体をそのまま国内取引所に送るという事も可能です

国内取引所からPoloniexへの送金について

まず上部メニュー右側にある「BALANCES」にカーソルを合わせ、そこに表示されるメニュー「DEPOSITS & WITHDRAWALS」を選択します。すると、各通貨のリストが表示されます。

こちらのリストは現在保有している通貨数量などを一覧で確認できるものですが、このリストの一番右側の「Actions」の部分にある「Deposit」を押し、各通貨の入金用アドレスを表示させます。
すると下記のように自身のアドレスが表示されます。※キャプチャはBitcoinアドレスを表示させたもの

ここで表示されたアドレスを送り元の取引所での送金手続き画面に入力し、送金を行えばPoloniexへと通貨が送金されます。
又、実際に送金が完了した場合はリストの「Total Balance」に保有通貨数量が表示されますので、送金後の確認などもここで行う事ができます。

Poloniexから国内取引所への出金について

送金とは逆にPoloniexから出金して国内取引所などに通貨を送る場合も送金時と同様に「DEPOSITS & WITHDRAWALS」から行います。

上で挙げたキャプチャにある「DEPOSITS & WITHDRAWALS」のリスト右端の「Actions」の部分にある「Withdraw」を選択すると、出金先アドレスの入力欄と出金する通貨数量の入力欄が表示されます。
ここに該当する入金用アドレス(出金先の通貨アドレス)と送りたい通貨数量を入力し、「Withdraw」を押せば出金は完了となります。

その他の機能について

通常の取引を行うのであれば、上記の内容で取りあえず取引を行う事は可能になるかと思います。
それとは別に、Poloniexが提供しているその他のサービスや機能について簡単にですが触れておきたいと思います。

Poloniexアプリ

Poloniexでは円滑な取引を行う為にアプリがリリースされています。Android、iPhoneの両OSに対応している為、外出先やパソコンがない環境でも取引を行いたいという方はこちらもダウンロードしておく事をおすすめします。

Android版のダウンロード

iPhone版のダウンロード

Poloniexでのアフィリエイト

現在多くの仮想通貨取引所ではアフィリエイトによる宣伝を行っています。
例えば国内の大手であるbitFlyerやCoinCheck、Zaifなどではアフィリエイトで他者に紹介する事で相応の報酬を貰う事が可能です。

では「Poloniexはアフィリエイトで紹介できるのか?」という部分ですが、これは調べてみましたが対応はしていないようです。
もしかするとアメリカ国内であればそういった対応もあるのかも知れませんが、残念ながら今の所はアフィリエイトでの紹介は不可という事になります。

Poloniexをアフィリエイトで紹介できたらかなり熱い気がしますが…仕方ありませんね(笑)

安全で信頼性も高いPoloniexはおすすめ

ここではPoloniexの登録から利用方法などについて解説をしてきましたが、やはり海外の取引所で一番安心して利用できるのはPoloniexかなと思います。
大手で言えば他にもいくつかありますが、国内の取引所を経て初めて海外取引所に登録する方の多くはまずこのPoloniexでしょう。

最大の魅力は国内では取り扱っていない通貨の取引ができる事ですが、実際に国内取引所よりはスプレッドが狭い事が多く、こちらで取引するほうが利益を出しやすいという点も挙げられます。
もちろん、それは短期での取引での場合となる事が多いですが、これだけ大きい取引所なので長期で預けておいてもあまり不安がないというのも一つの魅力ですね。

全てが英語なので、登録に躊躇してしまう人も多いかも知れませんが、取引自体はかなり解りやすい作りになっているので、ぜひ登録して国内では取引できない通貨の取引を行ってみてください♪

月利"20%"が見込める
おすすめビットコインFX売買ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク