仮想通貨のおすすめ取引所

仮想通貨取引を始めたい!

そう思ったらまず最初にするべきことは「仮想通貨取引所」と呼ばれる場所に自分の口座を開く事です。

口座を開くというと面倒な事を想像しちゃうかも知れませんけど、実際にはアドレスなどの情報を入力してアカウントを作るようなイメージなので、登録だけであればものの数分でできます。

実際、今は数多くの取引所があり、僕自身もあまり多くを把握しているとは言えません。又、言語の壁はどうしてもありますから、その国によって使いやすい取引所は変わってくるかと思います。

ですので、ここでは日本の取引所をメインとして、その他僕が利用している海外でのおすすめ仮想通貨取引所をご紹介していきます。

仮想通貨取引所ってどんなもの?

まず最初に知っておいて欲しいのはこの「仮想通貨取引所」と呼ばれるものがどういったものかという事です。

簡単に言ってしまえば取引所は「仮想通貨を売買する場所」です。

例えば「ビットコインを買いたい」となった場合、それをどこで買えばいいのかというと、当然そういった取引所になる訳です。

海外の場合はそうはいきませんが、国内の取引所の場合は日本円を銀行から入金する、若しくはコンビニやクレジットカード入金すると、その金額に応じたJPYという通貨を発行してくれます。

このJPYというのは日本円をそのまま仮想通貨にしたようなもので、基本的に仮想通貨での取引ではこのJPYとその他通貨で行われます。日本円を直接ビットコインなどに変える事が出来ないという事ですね。

例として挙げると100万円を取引所に入金した場合、100万JPYが発行されます。そしてその発行された100万JPYを使ってビットコイン(BTC)と取引を行うといった流れです。

国内のおすすめ取引所

※掲載情報は2017年7月時点のものです

CoinCheck(コインチェック)

会社名 コインチェック株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿西2丁目7−3 いちご恵比寿西ビル4F
資本金 9,200万円
取扱通貨数 12種類
URL https://coincheck.com/

国内の取引所としては現在最も有名だと思われるのがCoinCheckです。取り扱っている通貨も多く、特に日本国内での人気は最も高いと思われます。

実際に利用してみると、取引画面などもかなり使いやすい設計になっていて、相場取引などを経験した事がない人にもわかりやすいかと思います。
通貨の取引量も他と比較して格段に高いので、そういった部分もCoinCheckがおすすめの理由です。仮想通貨の取引では株や為替と違い、まだ取引量が少ないので買いたい時に買えない…売りたい時に売れない…といった事が起こり得ます。それがマイナーな取引所ではより顕著になりますので、こうした取引量の多い取引所を選ぶ方が良いという事です。

過去CoinCheckは少々スプレッド(買値と売値の差)が大きく、短期のトレードには向かないという印象でしたが、現在はだいぶ緩和されているので、今後仮想通貨を始めるなら鉄板の取引所なのでまずここから登録しましょう。

>>コインチェックの登録、利用方法はこちら

zaif(ザイフ)

会社名 テックビューロ株式会社
所在地 大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
資本金 8億3,013万円
取扱通貨数 11種類
URL https://zaif.jp/

国内にある取引所の中で僕が以前から使っていたのがzaifです。取り扱いの通貨数などで言えばCoinCheckのほうが多いですし、使いやすさでも自分的にはCoinCheckかなと思っていますけど、上で挙げたように当時はスプレッドの問題なんかもあってこのzaifを使うようになりました。

ここでは他の取引所にはないモナーコインなどの珍しい通貨が取り扱われていて、もしそういった通貨に興味がある方なら登録してみるのも面白いと思います。国内の取引所では登録して、実際に取引をする際には本人確認だったりの諸々の手続きが必要になるんですが、その辺りの対応も早かったので信頼性は高いです。

もしCoinCheckはちょっと…という人にはぜひおすすめしたい取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

会社名 株式会社bitFlyer
所在地 東京都港区赤坂 3-5-5 ストロング赤坂ビル 8 階
資本金 41億238万円
取扱通貨数 2種類
URL https://bitflyer.jp/

ここもだいぶ有名どころの取引所です。取り扱いの通貨はかなり少ないですけど、歴史もあり信頼は厚い取引所かと思います。bitFlyerの株主としてみずほ銀行やSBIなどかなり大手の有名企業が名を連ねており、そういった点からも安心した取引の行える大手取引所であると言って良いでしょう。

取引画面は非常に使いやすく、そういった点では初心者にも向いているかなと思います。ただ上二つの取引所に比べてビットコインの価格が少し高めになっているのが難点です。又、取り扱いの通貨についてもビットコインとイーサリアムのみとなっており、その他のアルトコインについては購入できません。そうした点から上記二つに比べるとやや使い勝手が劣るという印象があります。

ですが、事業の規模で言えば上記二つより遥かに大きいので、取引所に対しての不安があるという方にはこのビットフライヤーはおすすめです。

Z.comコイン

会社名 GMO-Z.comコイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
資本金 5億円
取扱通貨数 1種類
URL https://coin.z.com/

これは超大手であるGMOが開いた取引所で現在対応している通貨はビットコインのみです。その為、あまり使い勝手がいいとは言えませんが、大手だけありセキュリティ面などでは他取引所よりは圧倒的に信頼性は高いと思われます。

今後取り扱いの通貨は増えていくという事なので、取りあえず登録しておいて今のうちはまだ様子を見ておくという形がベターです。

海外のおすすめ取引所

poloniex(ポロニエックス)

会社名 Poloniex.Inc
所在地 アメリカ ウィルミントン
取扱通貨数 66種類
URL https://poloniex.com/

仮想通貨の取り扱い量がNo.1の取引所で、アメリカに拠点を置く取引所になります。こうした海外の取引所を利用する理由は「そこにしか置いていない仮想通貨」があるからです。例えばこのサイトでおすすめしているGameCreditsなどは日本の取引所では購入できません。

もし取引をしたいとなった場合、こうした海外の取引所への登録が必須となるのですが、その中で最も有名なのがこのpoloniexです。

とにかく種類が豊富で、一日の取引量も多いので信頼性も高いです。あまり知名度の高くない通貨への投資を考えるのなら必ず登録する事になる取引所ですので押さえておきましょう。

Bittrex(ビットレックス)

会社名 Bittrex LLC
所在地 アメリカ ラスベガス
取扱通貨数 193種類
URL https://bittrex.com/

こちらも海外の取引所として人気の高い取引所です。取引量はpoloniexに劣りますが、かなりマイナーな通貨を取り扱っており、取扱通貨数で言えば断トツです。

poloniexとBittrexの両方に登録しておけば、相当マイナーなコインでない限りは取引できるかと思います。セキュリティの面でもしっかりとしており、アクセスが集中した際にpoloniexが落ちるという事は度々あるのですが、Bittrexではほとんど聞いたことがありません。又、ICO後の上場先としてBittrexがまず初めに導入というケースも多い為、先々を考えて登録しておくことをおすすめします。

Liqui(リクイ)

会社名 Liqui Trade, Inc
所在地 ウクライナ キエフ
取扱通貨数 42種類
URL https://liqui.io/

基本的にマイナー通貨の取引であっても海外の取引所であれば上に挙げた二つの取引所で事足りるかと思いますが、それ以上にマイナーな通貨やICO直後でまだ他では上場していない通貨を取引したい!という方はこのLiquiを利用する事になるかと思います。

Liquiはウクライナに拠点を置く取引所ですが、セキュリティ面で少し不安があるので手放しではおすすめできません。ただ実害などがあったという訳ではなく本人確認などの必要がない為、少し不安といった感じです(笑)上記二つの取引所プラスここで更にマイナーな仮想通貨を探すといった目的で利用するにはいいかなと思います。

>>Liquiの登録、利用方法はこちら

取引所登録の際の注意点

上に挙げた取引所は信頼性も高く、安心した取引を行う事ができますが、取引所を利用する際にはいくつかやっておかないといけない事があります。セキュリティ面やいざ取引となった場合に困らないようにする為のものなので、登録時に必ず以下に挙げる点はチェックしておくようにしましょう。

本人確認は必ず行っておく

ほぼ全ての取引所で必要となるのが本人確認。特に国内の取引所に対して銀行振込などで入金を行う場合、この本人確認を行っていないと入金自体ができないというケースがあります。
簡単に言ってしまえば登録は本人確認なしで可能ですが、機能の全てを利用する事ができないようになっているという事です。


※CoinCheck参考画像

いざ取引をしようと思い入金しようと思っても、この本人確認を行っていないとまずそれを終了させないといけなくなります。
そして本人確認は免許証などの本人確認ができる証明書のアップロードと、実際の自分が住んでいる住所に対して送られてくる郵送物での確認などがあります。

その為、本人確認完了までにせいぜい2~3日、長いと1週間以上掛かってしまう場合があります。
そうなってしまってはいざこのタイミングで取引を!と思ってもすぐには行う事ができず買いや売りのタイミングを完全に逃してしまうので、本人確認は必ず登録時の段階で全て完了しておくようにしましょう。

Point
取引の制限を解除する為にも予め本人確認は全て完了しておく

二段階認証を設定しセキュリティを向上

現在、仮想通貨取引所の多くでログインの際に二段階認証という仕組みを取り入れています。
これはログインの際にIDとパスに併せ、更にワンタイムパスと言われるランダムに生成されるパスワードを都度入力しないとログインできないという仕組みです。

国内の取引所の場合、アカウント設定などから二段階認証を行う事で設定でき、海外の取引所の場合でもアカウント設定から「TWO-FACTOR AUTHENTICATION」を選択する事で行う事ができます。
※取引所により表記が異なる場合があります


※CoinCheck参考画像

この二段階認証を行う為にはそれ専用のアプリをダウンロードする必要があり、必然的にスマホでパスワードを発行する形となります。

専用のアプリはAndroid、iosそれぞれでリリースされており、Androidの場合「Google 認証システム」という名称で、iosの場合は「Google Authenticator」という名称です。
アプリストアですぐにダウンロード可能なので、二段階認証を設定する前にダウンロードしておきましょう。

Point
セキュリティ向上の為、必ず二段階認証は行う

月利"20%"が見込める
おすすめビットコインFX売買ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク