ドメインとSEOの関係性について

アフィリエイトに限らずWebサイトを構築する際に必ず取得しなければならないものが「ドメイン」です。

ドメインというのがよくわからない…なんて方もいらっしゃるかも知れませんので、このサイトで説明すると『副業投資.net』の部分がドメインになります。

そんな必ず取得するドメインですが、アフィリエイト初心者がまず迷うのは「ドメインってどんなものを取得すればいいの?」という部分かと思います。

僕自身も最初はどんなものを取得したらいいのかわからず、ただなんとなくで取得をしていました。勿論、その当時はSEOなんて言葉も大してわかっていないような状態でしたし、そういう事にすら気を使っていなかったと思います。

ですが、実際に取得するドメインでSEO(検索順位)への影響があるとしたらどうでしょうか?

ここでは初心者の方の為にドメインというもの自体の説明やSEOへの影響、実際のドメイン取得の方法などについて解説をしていきます。

com?net?色々あるドメインの種類

ドメインのイメージ

一口にドメインと言ってもその数はたくさんあります。
正確に言えばドメインの中でトップレベルドメインという部分が決まっており、そこに任意の文字列を付与する事で一つのドメインが出来上がります。

ここではトップレベルについて解説しますが、まず最初に疑問に思う事、それは…「comとかnetとかどれを使ったらいいの?」という部分かなと思います。

確かに色々なサイトを見てみると「com」だったり「net」だったり「jp」だったりとたくさんあってよくわかりませんよね(笑)

結論から言ってしまうと実際にドメインを取得する際に「このサイトはこれでないといけない」という決まりはありません。

今ご覧頂いているこのサイトのトップレベルドメインはnetですが、これがcomでもjpでもいいんです。

じゃあ自分の使いたいものなんでもいいんだ!

となる訳ですが、一応トップレベルドメインには決まりがあります。

そのドメインの使用目的もそうですが、トップレベルドメインと呼ばれるものは大きく分けて2種類あり、それぞれgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)ccTLD(国別トップレベルドメイン)と言われています。

下記に2種類の主要なトップレベルドメインとその利用目的をまとめました。

gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)

汎用トップレベルドメインとも言われ、国や地域の制限なくどこからでも取得が可能なトップレベルドメインを指します。有名なcomやnetはこのジェネリックトップレベルドメインに該当します。

com 本来「商業組織用」として利用されるが、現在は明確な利用条件などは基本的にはない
net 「ネットワーク」を意味するもので、オンライン上でのビジネスやIT関連のサイトとして利用される事が多い
org 非営利団体などが使用する事を目的としているドメインで一般のサイトで利用する事は稀
info インフォメーションの略で、comやnetなどと並んで一般的なサイトでも使われる事の多いドメイン
biz 主にビジネス関連(会社ホームページ等)で使用される事の多いドメイン

ccTLD(国別トップレベルドメイン)

汎用トップレベルドメインとは対称的に特定の地域などからでないと取得できないドメインを指します。jp(日本)、us(アメリカ)など国や地域別で分かれています。

jp 日本を意味するドメイン。主に日本語サイトで使用する事が一般的。
us アメリカを意味するドメイン。主に英語サイトで使用する事が一般的。
uk イギリスを意味するドメイン。主に英語サイトで使用する事が一般的。
fr フランスを意味するドメイン。主にフランス語サイトで使用する事が一般的。
cn 中国を意味するドメイン。主に中国語サイトで使用する事が一般的。

このように例えばcomなら「販売やサービスを目的とした商業用」に使われるドメインである事が本来の形です。

ただ、実際にはそうでなくても使えてしまうので、なんとなくこれがいいかなという形で使われている事が多いかなと思います(笑)

トップレベルドメインでのSEOへの影響

じゃあcomでもnetでもどのトップレベルドメインを使っても検索順位への影響はしないのか?これもドメイン取得の際に考える事かと思います。

これは結論から言ってしまうと、影響しません。

Googleからの発表でもトップレベルドメインによる検索順位への優位性などはないと言われていますし、どれを使ったから上がる下がるという事はないという事です。

ですので、どうしても使いたいというトップレベルドメインがあればそれを使えばいいかなと思いますが、やはりある程度は本来の目的の沿ったドメイン且つメジャーなものを使用するのがベターかなと思います。

ただ一点、これは可能性という部分ですが、例えば日本語サイトにus(アメリカのccTLD)を使用する事はおすすめできません。検索エンジンから日本語サイトなのにアメリカドメイン?といった矛盾を受ける可能性があり、評価が下がらないとも言えないからです。試した事はありませんが、あくまで可能性としてあり得なくはないと思いますので、そういった使用は控えましょう(笑)

co.jpドメインについて

よく企業のサイトで目にするco.jpというドメインですが、これは取得に一定の条件があります。

  • 法人としての登記
  • 一法人につき取得できるドメインは一つまで

上記を満たさないと取得はできません。
ですので、一般の副業アフィリエイターでは取得する事はできないという事になります。もしどうしても取得したいという場合は法人登記をして、その法人で取得しないといけません。

ドメインで検索順位は変わるのか?!

では次にドメインでの検索順位の影響についてお話しします。
上でトップレベルドメインでは検索順位には影響しないと説明をしましたが、トップレベルドメインではないドメイン「○○.com」の○○の部分についてです。

この部分は任意の文字列を自分で選ぶ事ができ、例えばサイト名やそれに関連するような内容にする事が多いかと思います。

日本語ドメインの存在

基本的には英数字である事が多いのですが、日本国内では「日本語ドメイン」というものを取得する事も可能です。
例えばこのサイトのドメインは「副業投資.net」ですので日本語ドメインという事になります。

僕はアフィリエイトでかなりの数のサイトを保有していますが、その中の4割程度は日本語ドメインのサイトです。
これは当然検索エンジンを意識しているのですが、検索順位に対して影響しているかというとそうではありません。

決定的な理由などはないのですが、一般的に言えばトップレベルドメインと同様、○○の部分にどんな文字列を入れたとしても検索順位には影響はないと言われています。

クリック率を意識したドメイン

ただ、僕が日本語ドメインを好んで利用する理由、それは検索エンジン上での見え方に理由があります。
下記はこのサイトのある記事を検索エンジン上で見た場合です。

赤枠で囲ってある部分がこのサイトのドメインになります。

検索エンジンに対しての影響はありませんが、見た目はどうでしょうか?日本人なら英数字の羅列よりもこうした日本語の表記に目がいきませんか?

僕は検索エンジンでのクリック率を少しでも高める為にこうした日本語ドメインを使っています。

クリックしてもらうにはサイトのタイトルや記事のタイトルも重要ですが、そのサイトがまずどんな事を伝えたいのかをドメインでもアピールする事で検索した人の目を引くという事を意識するべきと考えています。
そして、日本人ならば英語表記のドメインよりも日本語ドメインのサイトのほうが目がいきやすいだろうと考えるからです。

実際に検索順位の評価には影響しないとしても、クリック率が上がればそれだけ検索エンジンからは高い評価を得られると考えていますので、そうした意味でも自分としては日本語ドメインがおすすめかなと思います。
もちろん英語表記のドメインであっても直結して検索エンジンへの影響はないと言われていますので、この部分もトップレベルドメインと同様、自分の好きなものを選ぶという事でも問題はないでしょう。

Point
ドメインのみで検索順位への影響は少ないと思われるが、クリック率なども加味して考える事で一種のSEO対策の一つとなる可能性もアリ

ドメインの取得方法

ドメインがある程度自分の好みでも問題ないという事はお分かり頂けたでしょうか?
では、次は実際にドメイン取得をした事がないという初心者の方の為にドメインの取得方法を解説します。

慣れればなんて事はない作業ですが、特にWeb初心者の方にはよくわからないという部分も多いので、キャプチャを交え順を追って説明していきます。

お名前.comでのドメイン取得

ここで例に挙げるのはドメイン取得ができる業者としては最も大きい「お名前.com」を参考にしてドメイン取得を進めていきます。

お名前.comのサイトを開くとまず下記のような画面が表示されます。

お名前.comドメイン取得イメージ

この画面で青枠の中に取得したいドメインの文字列を入力し、検索ボタンをクリックします。ここではサンプルとして「sample01」と入力をしています。
検索すると、現在その文字列で取得できるどのドメインが取得できるのか表示されます。

お名前.comドメイン取得イメージ

このキャプチャでは「com」や「net」「jp」にはメールマークがついています。これは『現在登録中で取得はできないので、ドメインが開放された場合メールで連絡をします』という意味です。つまりこのマークが出ているドメインは現在取得できない事になります。「work」や「xyz」などには×マークがついていますが、このドメインも登録済みとなり取得はできません。

取得ができるドメインはチェックボックスが空欄のものに限られます。キャプチャでは参考として「site」というドメインにチェックをつけています。

又、ここに表示される以外のドメインを取得したい場合は、青枠の入力窓に取得したいドメインの文字列を入力し、「他のドメインを選択する」を選択して再検索します。
ドメインの種類はとても多いので自分が取得したいドメインを探してみてください。

取得したいドメインが決まったら画面右側のお申し込みをクリックします。
この時、お名前.comに登録をしていない場合は登録が必要になるので、まずは登録をしましょう。(登録については割愛します)

お名前.comドメイン取得イメージ

お申し込みをクリックすると上記のような確認画面へと移ります。

この時に青枠の部分を設定します。項目は二つでそのドメインを登録する期間Whois公開代行の有無を選択します。期間はそのドメインを自分が保有する期間ですが、その設定した期間を越えるとドメインは自分の登録ではなくなってしまいます。
ですので、通常その期間が近づくとドメインの登録期間を延長する事になります。ここで設定するのは取りあえず最初に何年分登録期間を設定するかという事なので、まだこの先そのドメインを使っていくかどうかわからないという場合は1年など短い期間でも問題はないでしょう。

そして大事なのがwhois公開代行の手続きです。その前にまず「Whoisってなんのこっちゃ…」という人もいるかと思いますので簡単に説明します。

Whois情報とは

Whoisとは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。このサービスは、主に以下の目的でレジストリやレジストラが提供しています。

Whoisで提供される情報

– 登録ドメイン名
– レジストラ名
– 登録ドメイン名のプライマリおよびセカンダリネームサーバ
– ドメイン名の登録年月日
– ドメイン名の有効期限
– ドメイン名登録者の名前および住所
– 技術的な連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
– 登録に関する連絡の担当者の名前、住所、電子メールアドレス、電話番号
JPドメイン名のWhois(JPRS WHOIS)では、次の情報を提供しています。
– 登録ドメイン名
– 登録ドメイン名のネームサーバ
– ドメイン名の登録年月日
– ドメイン名の有効期限
– ドメイン名登録者の名前(ne.jpドメイン名についてはネットワークサービスの名前)
– 技術的な連絡の担当者の名前、所属組織名、電子メールアドレス、電話番号
(属性型・地域型JPドメイン名の場合)
– 登録に関する連絡の担当者の名前、所属組織名、電子メールアドレス
(属性型・地域型JPドメイン名の場合)
– 登録者への連絡窓口担当者の名前、電子メールアドレス、電話番号、Web Page*、住所*
(汎用JPドメイン名の場合。*付きの項目は任意項目。)
JPRS

要するにドメイン取得者の情報という事ですね。

このWhoisの公開代行をしておかないと自分の情報がWhoisに公開されてしまいます。別に公開されても問題ないよ、という場合はいいですが、このWhois公開代行の手続きは最初の申し込みの段階で行っておかないと後々は有料になるので、情報を公開したくないという人は必ずチェックしましょう。

Check
申し込み後のWhois公開代行には1,058円の費用が掛かり、その後も年間で1,058円が必要となるので必ず最初にチェック

上記を全て確認、設定したら「次へ」をクリックします。
そこでドメインの取得費用の支払い方法を決め、情報を入力し取得は完了となります。

本来、その先で使用するレンタルサーバーに合わせネームサーバーの設定を行うのですが、それはこちらの記事で説明します。

アフィリエイトにおいて特定のブログサイトを利用する以外ではほぼ間違いなく取得する事になるドメインですが、特に固定の決まりなどはなく、自分の好みで取得するという事で基本的には問題はありませんが、検索エンジン上でのクリック率なども考えた場合にはある程度の工夫が必要になるかと思います。

ぜひドメイン取得の際にご参考にしていただければ幸いです♪

月利"20%"が見込める
おすすめビットコインFX売買ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク