CoinCheck(コインチェック)の登録方法と使い方

日本の国内で仮想通貨を始める場合、まず最初にするべき事は国内にある「仮想通貨取引所」に登録をする事です。

その中でも2017年7月現在で最も有名なのがCoinCheck(コインチェック)です。

CoinCheckの取り扱い仮想通貨一覧※2017/7時点

・Bitcoin(BTC) ・Ethereum(ETH)
・Ethereum Classic(ETC) ・LISK(LSK)
・Factom(FCT) ・Monero(XMR)
・Augur(REP) ・Ripple(XRP)
・Zcash(ZEC) ・NEM(XEM)
・Litecoin(LTC) ・Dash(DASH)

コインチェックは東京都恵比寿に本社を置く国内では有数の仮想通貨取引所ですが、ここが選ばれる理由の最も大きい部分としては、その「使いやすさ」と「取引できる通貨の種類」の二つかなと思います。

まず第一に他の取引所に比べると機能性が高く、全体的に分かりやすい作りになっている為、そうした取引の経験がない人でも始めやすいです。それに加えて、日本国内の取引所ではビットコインやイーサリアムしか買えないというところが多いのですが、コインチェックではその他の通貨も取引する事ができます。

その数としては海外取引所に比べると決して多いとは言えませんが、仮想通貨初心者の方には十分と言えるレベルが揃っていますので、コインチェックにだけ登録しておけばまず問題ないと言えるかなと思います。

僕自身も勿論登録していますし、コインチェックの取締役を務めている大塚氏著の「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」という本を読んで仮想通貨の勉強もしました(笑)

日本国内では指折りの仮想通貨先駆者と言ってもいいコインチェックは今後も確実に利用者を増やしていくと思われますので、ここではそのコインチェックの登録の方法やサイトの使い方について解説していきます。

コインチェックなどの国内取引所に登録しなければいけない理由

まず登録方法などの前に簡単にコインチェックのような国内取引所に登録をしないといけない理由を説明します。

これは当然ですが、日本国内に住んでいる限り利用している通貨はほとんどが日本円ですよね?では実際に仮想通貨を買おうとなった場合、日本円で買えるのかというと、これは買う事ができません。

基本的に仮想通貨を取引する場合は日本円ではなくJPYという通貨に日本円を買えないといけないのですが、これがまず最初に取引所に登録しなければいけない理由の一つです。

コインチェックなど国内の取引所に送金を行うと、自動的に送金された金額が「JPY」として自分のアカウントに充当されます。その「JPY」を利用してビットコインなどの仮想通貨を買うという仕組みです。

そして、もう一つ登録をしなければならない理由は「海外の取引所を使う場合にも必要」だからです。

海外の取引所では国内取引所が「JPY」で通貨が買えるように、その自国の通貨というものが存在しています。そして、例えばアメリカが拠点となるPoloniexなどでは日本の「JPY」が使用できません。

では海外の取引所でどうやって仮想通貨を買うのかというと、まず国内の取引所で「JPY」を「ビットコインやイーサリアム」に変えます。そしてその変えた仮想通貨を海外取引所に送金し、その通貨を使用して他の仮想通貨を買うという仕組みになっています。

つまり、海外取引所でマイナー通貨を購入する場合でも一度国内取引所でビットコインやイーサリアムを買わなければいけないという事になります。

これが国内取引所に必ず登録をしなければならない理由です。

コインチェックの登録方法

まずコインチェックのサイトを覗くと下記のようなトップ画面が表示されます。

こちらにある「Facebookで登録」若しくはアドレスをパスワードを入力してアカウントを作成していきます。

Facebook認証による登録

僕自身はあまりSNSとの紐づけをしたくなかったという事もあり、アドレスとパスワードを入力し新規アカウントを作成しましたが、Facebook認証はセキュリティ面もなんら心配はありませんので、Facebookアカウントをお持ちの方はその方が簡単で早いかなと思います。

Facebookで登録をする場合は「Facebookで10秒で登録」をクリックし、Facebookアカウントにログインするだけで登録は完了となります。この際、Facebookに登録されているアドレスとパスワードで登録されますので、忘れないように注意してください。

通常の登録

通常の方法で登録する場合は任意のメールアドレスとパスワードを入力し、「アカウント作成>」をクリックします。

入力内容が問題なければ下記のような画面が表示されます。

さらに登録したメールアドレスに下記の登録確認のメールが届きますので、そちらに記載されているURLをクリックして登録は完了となります。

Point
こういったサイトはハッキングなどの標的になりやすいので、登録の際にはパスワードは強固なものに設定。

本人確認と利用承諾

コインチェックでは取引を行う際にまず本人確認と利用に関する重要事項への承諾が必要となります。海外の取引所ではこういった確認がないところも多いですが、国内の取引所はセキュリティへの取り組みがしっかりとしていますね。

重要事項への承諾

登録完了後にログインするとトップ画面に下記の表示がされているので迷う事はないと思いますが、こちらを案内に従って完了させます。

内容としては、下記のような内容です。

  • プライバシーポリシーへの同意
  • 電子交付への同意
  • 取扱説明書の確認
  • 利用規約への同意
  • 外国PEPsへの該当有無
  • 反社会勢力加担の有無

こちらがチェック項目となっているので、全てにチェックをつけ「サービスを利用する」をクリックすれば承諾は完了となります。

※外国PEPsとは
外国において以下に該当する方を指します

・国家元首
・日本における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣に相当する職
・日本における衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長又は参議院副議長に相当する職
・日本における最高裁判所の裁判官に相当する職
・日本における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は全権委員に相当する職
・日本における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、海上幕僚長、海上幕僚副長、航空幕僚長又は航空幕僚副長に相当する職
中央銀行の役員
・予算について国家の議決を経、又は承認を受けなければならない法人の役員
大和証券

本人確認書類の提出

次に行う事はコインチェックを利用するにあたっての本人確認です。
こちらも利用承諾と同様にログイン後のトップに以下のような表示がされていますので、その案内に従って進めていく形になります。

コインチェックでの本人確認は段階的に行っていく事になり、手順は以下のようになります。

  1. 電話番号認証
  2. 本人確認書類提出
  3. 居住確認

かなり厳重な本人確認ですが、こちらを行わないとコインチェックの全ての機能を利用する事ができませんので、登録したらまずこちらを全て完了させましょう。

SMSによる電話番号認証

SMS(ショートメールメッセージ)を受信できる電話番号を入力し、送られてきたSMSに記載されているコードを入力して完了

  1. 電話番号入力
  2. 受信したコード入力

写真送信による本人確認

写真を送信する事による本人確認書類の提出です。スマホの写メなどで免許証などの写真(裏表)とその証明書を持ち自分の顔と一緒に写るように撮影したものを送信します。

本人確認書類として有効なもの(個人の場合)は下記です。

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

  1. 個人の登録情報を入力
  2. IDセルフィー提出用写真を撮影
  3. 本人確認書類を撮影
  4. 本人確認書類を提出するをクリックして完了

郵送物による居住確認

上記の全ての認証作業が完了すると、登録住所にハガキが郵送されてきます。
そのハガキにコードが記載されていますので、そちらをコインチェックのサイトに入力して全ての認証作業が完了となります。又、そのハガキは本人の受取が必要なので不在の場合は郵便局に差し戻しという形となりますので、注意しましょう。

Point
手間でも全ての機能を利用する為、必ず本人確認は完了させる。

二段階認証について

仮想通貨取引所ではほぼ100%導入されている二段階認証ですが、当然コインチェックにも導入されていますので、こちらは必ず設定を行っておきましょう。
コインチェックは他の取引所と比較してもセキュリティは強固なものと思われますが、それでもパスワードの流出など個人的なトラブルでアカウントを乗っ取られてしまうという可能性も0ではありません。そうした際に二段階認証をしっかりと設定しておくことで万が一の際にも役に立ちます。

コインチェックでの二段階認証の設定方法は簡単です。

  1. 上部メニューの「ウォレット」をクリック
  2. 左側メニューの「設定」をクリック
  3. 設定メニューの中の「二段階認証」をクリック
  4. 二段階認証ページの「設定する」をクリック
  5. 表示されたQRコードをスキャンし、コードを入力し完了
Point
二段階認証を行う際は専用のGoogle Authenticator(Google認証システム)というアプリが必要。「Android版」「ios版」共にアプリストアからすぐにダウンロードが可能。

二段階認証の詳細はこちらの記事

コインチェックへの入金

本人確認など取引条件を全て満たしたらいよいよ取引開始です。
まずは通貨購入の為に日本円を入金しましょう。

コインチェックへの入金方法には以下の3つの方法があります。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

銀行振込について

コインチェック指定の口座への振込を行います。
当然、銀行を利用する訳ですから、入金の反映は銀行の営業時間外ではできません。平日の15時以降や土日祝日の振込は翌営業日の確認となります。

又、注意点として振込の際に振込人名義に「アカウントID」を付与しないといけない場合があります。コインチェックの場合は「りそな銀行」と「住信SBIネット銀行」の二つを取り扱っているようですが、「住信SBIネット銀行」を利用する場合は必ず「アカウントID 名前」という形で振り込みましょう。

アカウントIDを忘れたからと言って振り込んだ金額がなかったことになる事はまずないでしょうが、確認に時間が掛かってアカウントへの入金反映が遅くなる可能性が高いです。

Point
入金時には振込人名義欄へのIDの入力を忘れずに。

コンビニ入金について

コインチェックの入金はコンビニからも行う事ができます。
コンビニであれば銀行のように営業時間の15時迄や土日祝での対応ができないという事はありませんので、価格高騰などによる急な入金が必要となる場合に便利です。

入金手順

  1. SMS認証、本人確認
  2. 入金情報を入力
  3. 決済番号の取得と決済コンビニの選択

但し、コンビニ入金の場合は制限があり、3,000円以上の入金から受付となっています。また一度の決済につき299,500円が上限と設定されているので、それ以上の金額を入金したい場合は複数回に分ける必要があります。

入金方法の詳細はコインチェックの「コンビニ支払いでの入金方法」ページに記載されています

Point
入金制限があるので高額入金の場合は複数回に分けて入金すればOK。

クイック入金について

クイック入金を使えばネット環境が利用できる状態であれば365日24時間いつでも入金する事が可能です。
決済にはペイジー支払いを使用します。

※ペイジーとは

ペイジーとは、税金や公共料金、各種料金などの支払いを、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく、パソコンやスマートフォン・携帯電話、ATMから支払うことができるサービスです。
ペイジーは、「Pay-easyマーク」Pay-easyが付いている納付書・請求書の支払いや、支払い方法として「ペイジー」が選択できるサイトでの料金の支払いなどに利用できます。
ペイジー

入金手順

  1. SMS認証、本人確認
  2. 入金情報を入力
  3. 決済番号の取得と入金

入金方法の詳細はコインチェックの「ペイジー決済での日本円入金」ページに記載されています

※補足
コインチェックではUSドルでの入金にも対応していますが、本サイトは国内の利用者向けに記載しているのでこちらは割愛します

コインチェックでの取引方法

上記の手順で入金が完了したら、次は実際に取引を行ってみましょう。
コインチェックで行う事ができる取引は「現物取引」と「信用取引」の二つになります。以下に簡単な説明を記載しておきます。

現物取引…実際に自分のウォレットに入金されている分の金額を上限として取引を行う
信用取引…FX等と同様にレバレッジを効かせる事で入金した額の最大50倍の取引が可能

このように信用取引も行う事ができますが、個人的な意見としては仮想通貨は現段階では信用取引はするべきではないと考えています。元々FXなどの取引を生業としている人ならまだしも、初心者が手を出してもマイナスになる可能性のほうが遥かに高いと思いますので、まずは最初のうちは現物取引での取引をおすすめします。

仮想通貨の買い方

コインチェックでの仮想通貨の買い方はとても簡単です。
ページ上部メニューの「ウォレット」を選択し、左側メニューの中にある「コインを買う」を選択します。
すると取り扱いのある通貨が表示されますので、希望の通貨を選択し、買いたい希望数量を入力し「購入ボタン」を押せば完了です。

  1. ウォレットを選択
  2. コインを買うを選択
  3. 希望の通貨を選択
  4. 購入数量を入力
  5. 購入するボタンを押して完了

クレジットカードでの購入

コインチェックでは振込やコンビニ入金以外にクレジットカードでも仮想通貨を購入する事ができます。その場合、購入できる通貨はビットコインのみとなりますが、銀行の時間外やすぐにビットコインが必要になった場合などにとても便利な機能です。

購入方法はまずページ上部メニューの「ウォレット」を選択し、左側メニューの中にある「クレジットカードで買う」を選択し、次に表示される画面で定額で購入をするか、希望金額を入力して購入するかを決め、「購入する」ボタンをクリックします。するとクレジットカード情報を入力する画面が表示されますので、そちらに諸情報を入力して完了です。

  1. ウォレットを選択
  2. クレジットカードで買うを選択
  3. 定額、若しくは金額指定
  4. 購入するボタンをクリック
  5. クレジットカード情報を送信して完了

仮想通貨の売り方

次に売り方ですが、コインチェックでは買いと同様に売り方も非常に簡単です。
ページ上部メニューの「ウォレット」を選択し、左側メニューの中にある「コインを売る」を選択します。すると取り扱いの通貨が表示されますので、売りたい(保有している)通貨を選択し、希望数量を入力し「売却する」を選択すれば完了です。

  1. ウォレットを選択
  2. コインを買うを選択
  3. 希望の通貨を選択
  4. 売却数量を入力
  5. 売却するボタンを押して完了

日本円の出金について(換金方法)

購入した仮想通貨を売った場合やコインチェックに預けてある日本円を出金したい場合は下記の方法で自分の口座へ出金が可能です。

まず出金の為に口座情報を登録します。ページ上部メニューの「ウォレット」を選択し、左側メニューの中にある「日本円を出金する」をクリック。最初にこのページにアクセスすると下記の画面が表示され口座の登録を促されます。こちらに必要情報を入力してください。

  1. ウォレットを選択
  2. 日本円を出金するを選択
  3. 口座情報を入力
  4. 登録完了後、案内に従い出金申請

口座の登録が完了すると、その口座に出金が可能になります。
こちらのキャプチャは掲載していませんが、案内に従って出金額を入力し「出金申請をする」ボタンを押して完了です。1~2営業日で登録口座に振り込まれます。

仮想通貨の送金、受取

仮想通貨取引を行う場合、最初の内はコインチェックのような国内の取引所のみを使うという方が多いのですが、ある程度知識が増えてくるともっとマイナーな通貨にも投資してみようと思うのが一般的かと思います。
その場合は海外にある取引所を使う事になるのですが、その際海外の取引所では日本円の入金ができませんので、必然的に国内の取引所からビットコイン、又はイーサリアムを送り、それを使用して売買を行う事になります。

2017年7月現在では多くの海外取引所でビットコイン、イーサリアムのみが他通貨を購入できる軸通貨となっています

そうした際には海外の取引所に仮想通貨を送るという手順が必要となりますので下記で説明します。

送金方法

まず「ウォレット」を開き左側メニューの「コインを送る」を選択します。すると取り扱いの通貨が表示されますので送りたい通貨(保有している)を選択し、送金先のアドレスを入力します。

Point
送金アドレスをリスト化する為、ラベル(送り先の名称など)を入力し、追加ボタンを押す事で次回以降の送金時はそのリストから選択してアドレスを入力する事なく送金が可能。

次に送りたい金額(通貨数量)を入力し、「送金する」ボタンを押して完了です。送金時には必ず手数料が掛かりますので、送れる金額のMAXは最大所持量からその手数料分を引いた金額となります。

  1. ウォレットを選択
  2. コインを送るを選択
  3. 送る通貨を選択
  4. 送り先アドレスを入力
  5. 送金額を入力
  6. 送金するボタンを押して完了

この際の送り先アドレスの調べ方ですが、それは各取引所によって違います。大抵の場合、自分のウォレット(Balancesと表記されている事も多々)を開き、そこから各通貨を選択する事で確認できるケースが多いです。

又、送り先の取引所などにもよるかと思いますが、ビットコインの場合ですと送金して着金するまでの時間は早くても10分から20分程度、長いと半日以上掛かったこともあります。初めて送金した場合、いつまで経っても着金しなくて不安になる…なんて事もあるかも知れませんが、気長に待ちましょう(笑)

受取方法

他取引所からコインチェックに対して通貨を送った場合の対応についてです。
一番多いと思われるケースは海外の取引所で売買を行い、その分を日本円に変えたいと考えた場合のビットコインの受取でしょう。海外の取引所では日本円に変えるという事ができませんので、一度ビットコインに変え、それをコインチェックなどの国内取引所に送った後に日本円に換金し、自分の口座へ振り込んでもらうという形になります。

その場合の方法ですが、上記で説明した送金とは逆で、送金元になる取引所にコインチェックでの入金用アドレスを入力し、送金手続きをすれば完了になります。

その場合の入金用アドレスの調べ方ですが、まず「ウォレット」を開き左側メニューの「コインを受け取る」を選択します。すると各通貨の入金用アドレス発行の画面になりますので、「アドレスを作成」をクリックするとコインチェックでの入金用アドレスが表示されます。これを送金元の取引所で入力しましょう。

  1. ウォレットを選択
  2. コインを受け取るを選択
  3. アドレスを作成をクリック
  4. 送金元の取引所にアドレスを入力

コインチェックではビットコインの場合、高速入金用アドレスが用意されています。これは通常入金までに30分程度掛かるものを、手数料を多く取る代わりに即時完了させるというものです。急いでビットコインを移動させる必要がある場合などには便利ですが、あまり切羽詰まった状況でないなら敢えて利用する必要もないかと思います。

Point
高速入金用アドレスは急ぎの入金には便利。でも手数料は0.02BTCと高額。

使い勝手、取引通貨数、取引量から見てもNo.1はコインチェック

コインチェックの登録方法や取引における簡単な使い方について説明をしました。
僕自身、色々な取引所を使っていますが、確かにコインチェックはかなり使いやすい取引所です。利用者も多く売買も安定しているので、日本国内で仮想通貨取引を行うのなら必ず登録しておくべきでしょう。

又、これはかなり個人的な意見ですが、コインチェックで取り扱われている通貨は総じて可能性が高いものだと思います。今後も安定して成長していく可能性が非常に高く、そうした通貨を選んで取り扱っているという事を考えると流石だなと感心させられます。

過去には少々スプレッドが高いなどの声もありましたが、やはり取引量が多い取引所を使う方が後々便利ですし、何より安心感が違います。又、サイト内に設置されているチャットなども色々な情報が飛び交っていて見ているだけでも面白いです(ガセ情報なんかも多いみたいですが笑)。

今後も国内の仮想通貨市場の牽引役になっていく事は間違いないと思いますので、注目ですね♪

登録はコチラから
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月利"20%"が見込める
おすすめビットコインFX売買ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク