最強の投資効率?!収益性で選ぶならクラウドマイニングがおすすめ

仮想通貨への投資の注目度が高まりを見せる中で、実際に通貨を売り買いして行う投資ではなく「仮想通貨のマイニング」に対して行われる投資というものへの注目が高まってきています。

こうした投資は「クラウドマイニング」と呼ばれ、仮想通貨の価格高騰の影響を受け、現在はかなり投資効率の良い投資手法です。

まだ日本国内ではこうした投資を行っている人は仮想通貨トレードの人口から比べればかなり少数かと思いますが、今後の普及を考え、ここでは注目の高まるクラウドマイニングについてお話しをしてこうと思います。

クラウドマイニングとは?

クラウドマイニングと言われてピンとくる人もいるかと思いますが、そうではない人の為に簡単にクラウドマイニングについての説明をしていきます。

クラウドというのは正確に言うと「クラウドコンピューティング」の意味で、ネットワーク上に形成されるサービスなどを利用する事を意味します。一般的にクラウドサービスと言われるものですが、そうしたクラウドサービスを用いたものが「クラウドマイニング」です。

仮想通貨ではマイニング(採掘)と呼ばれる作業が必要となるのですが、それには大きなコストが掛かります。それをネットを経由して多くの人から資金を集めてマイニングを行おうというのがクラウドマイニングの仕組みとなります。

資金を出した人(投資者)はクラウドマイニングを行う業者が毎日行うマイニングされたものの一部を配当として受け取る事で利益となります。

仮想通貨のマイニングとは?

上で仮想通貨ではマイニングが必要になるとお伝えしましたが、これは全ての通貨で必ず必要になるというものではありません。例えば有名な通貨の一つであるリップル(XRP)にはマイニングというもの自体が存在しません。

それは何故か?

既に全ての通貨が発行済みであるからです。
つまり、逆を言えばマイニングが必要な通貨というのは全ての通貨がまだ発行されていない状態であると言えます。

代表的な通貨であるビットコインを例に出すと、ビットコインは通貨間の決済を行う為にP2P(ピアツーピア)というシステムを採用しています。そして、その決済を有効にする為には常に第三者が通貨同士の取引を承認しなければなりません。この承認作業を行う事を「マイニング」と言います。

では、なぜその承認作業がマイニング(採掘)と言われるのかというと、その承認作業を行う為には膨大なコストが掛かります。それを何の関わりもない人間が無償で行う訳はありませんよね?そこで、承認作業を行う報酬として新たな通貨が発行され、支払われるのです。

端的に言えば「マイニングを行う事で発行した新しい通貨が貰える」という仕組みになっています。そのまだ見ぬ新しい通貨を報酬として貰う形が「金銀などを掘り当てる採掘の様子」と近しい為、マイニングという名称となりました。

つまりクラウドマイニングへの投資を行うという事は、そうした膨大なコストを掛けマイニング作業を行う業者に対してお金を預け、承認作業により支払われた報酬の一部を配当として受け取るということになります。

クラウドマイニングはハッシュレートを買う投資

上記でなんとなくクラウドマイニングのことなどはお分かり頂けたかと思います。
では実際に投資をする場合、どんな事をするのかという部分について触れていきます。

例えば、一般的な株式投資であれば当然ですが会社の発行する株券を買う事が投資の内容になります。それと同じようにクラウドマイニングでは、マイニング業者の提供する「ハッシュレート」というものを購入する形になります。

ハッシュレートとは?

ハッシュレートというのはマイニングを行う為のマシンの計算力の測定単位の事を指します。マイニングとは複雑な暗号計算によって行われるもので、その暗号を解く為の計算スピードと考えてもいいでしょう。
単位としてはK(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)などが使われ、『○○H/s』と表示されます。

※業者によってはハッシュパワーと呼ばれる事もあります

株などと同様ですが、このハッシュレートを多く購入すればするほど受け取る配当も大きくなります。単純に計算スピードが上がればそれだけ多くのマイニングを行う事ができるのですから当然と言えば当然ですね。

クラウドマイニングでの収益予測

投資を行う上で最も大切な事は勿論ですが、その収益性です。

いくら投資をしたら、どの程度の期間で回収できて、その後どの程度の利益を見込めるのか

ただなんとなくで大金を投資する人はいないと思いますが、この上記のような計算はクラウドマイニングでは非常に困難です。ですが、現在ではそうした計算を特定の数値を入力するだけで行ってくれる非常に便利なサイトがあります。

Bitcoin Mining Calculator

こちらのサイトではビットコインのみですが、マイニングをした場合の「回収までに掛かる時間」と「時間」「日間」「週間」「月間」「年間」でのマイニングされるビットコイン枚数とそれをドル換算したものが表示されます。
又、手数料なども入力するとそれを差し引いた手残りの金額も表示されますので、クラウドマイニングへの投資を行う際には非常に便利です。

下記が実際にジェネシスマイニングというクラウドマイニング業者を使う事を想定し、10TH/sを$1,400で購入した場合の試算表になります。
※ブロックリワード、ディフィカルティ、BTC価格などは執筆時点のものを入力してあります。

こちらを確認すると、10TH/sを$1,400で購入した場合、投下資金の回収までの期間は『202.8日』という計算になります。

又、一日あたりは手数料を引いて『$6.9』月間では『$207.1』、年間となると『$2,519.72』ですので、日本円で計算すると約28万円程度の手残りになる計算です。投資額である$1,400円を差し引いても約12~13万円の利益となりますね。

これはかなり効率の良い投資と言えるのではないでしょうか。

上のBitcoin Mining Calculatorへのリンクをクリックして貰う事でも実際に試算した画面に飛ぶ事ができるので参考にしてみて下さい。

又、他の数値でも試算してみたいけど入力項目の意味が解らないという方の為に各項目について説明しておきます。

Hash Rate…ハッシュレート(購入希望数を入力)
Power…消費電力(入力値は0でOK)
Power Cost…電気代(入力値は0でOK)
Pool Fees…手数料(マイニング業者によって異なる)
Bitcoin Difficulty…採掘難易度(試算入力ページの下にチャートがあるので参照)
Block Reward…採掘報酬(半減期毎に減少する※現在は12.5)
Bitcoin to Dollar…ビットコイン価格(ドルで入力)
Hardware Costs…ハッシュレート購入価格

おすすめのクラウドマイニング業者

下記では個人的におすすめと思われるクラウドマイニングの業者をご紹介します。
現在、数多くのマイニング業者がありますが、その中でも最も重視するべきは安全性かと思いますので、国内での利用者が多く評価の高いところを紹介しています。

ジェネシスマイニング

通貨 アルゴリズム 契約期間
ビットコイン SHA-256 オープンエンド契約
Dash X11 24か月
イーサリアム Eth-hash 24か月
ライトコイン Scrypt 24か月
Monero CryptoNight 24か月
Zcash Equihash 12か月

国内での利用者は最も多いと言われているのがジェネシスマイニングです。サイトは日本語にも対応しているので非常に分かりやすいかと思います。収益性のみで考えた場合、もっと投資効率のいい業者はありますが、歴史も古く安全性という部分で言えば間違いなくNo.1と思われますので、まずクラウドマイニングを始めてみるという場合は最もおすすめです。
下記のクーポンを使用する事で購入金額が3%引きとなるので、是非ご利用ください。

クーポンコード:T7XwhO

ハッシュフレア

HashFlare

通貨 アルゴリズム 契約期間
ビットコイン SHA-256,Scrypt 無期限
Dash X11 12か月
イーサリアム Eth-hash 12か月
Zcash Equihash 12か月

ジェネシスマイニングと並んで選ばれているハッシュフレア。実際に購入額はこちらのほうが幾分安く、管理画面も使いやすいです。取り扱っている通貨の数としてはジェネシスマイニングのほうが多いですが、それ以外の部分ではハッシュフレアに軍配が上がるかと思います。また実際に採掘したコインをそのまま再投資するという仕組みがあり、すぐに換金をしないという場合は複利的に投資効率を上げていく事ができかなり便利です。

クラウドマイニング投資のリスク

最後になりますが、

これだけ投資効率のいいものでリスクはないのか?

と思われる方も多いかと思うので、クラウドマイニングを行う上でのリスクについても触れておきたいと思います。

高い可能性で損が生まれるというものではありませんが、理解しておくべきリスクは3種類あります。

マイニング業者の倒産、撤退リスク

お伝えしたようにマイニングというのは非常にコストの掛かるものです。
現状では運営できている業者も今後電気代が値上がりした場合やディフィカルティが上がり、採掘量が減ってしまった場合などには倒産や撤退となる可能性があります。

実際にそういった業者も多く存在しているので、倒産や徹底のリスクは常にあると理解した上で投資を行いましょう。

ビットコインの価格下落

経営や運営が困難になる可能性として、ビットコインの価格が下落してしまった場合というのもリスクの一つとして付きまといます。当然ビットコインの価格が上がればそれだけ利益は高くなるわけですが、上記でも挙げたディフィカルティとのバランスで、採掘量は問題ないが価格が下がりすぎてしまったといった場合、これも同様に倒産、撤退の原因となるでしょう。

又、運営は行う事ができたとしても投資金額の回収までの期間が延びる事になるのは必定です。今ほどの投資効率をずっと維持し続けられるかはわからない、という事になります。

今後の採掘量減少

ビットコインに関して言えば、必ず採掘量が減少していきます。それは4年に一度程起こる半減期と言われるもので、その時期になるとマイニングによってもらえるビットコイン枚数は半分となります。現在は12.5BTCですが、次回は6.25BTC、更に次はその半分といった形で減少していきます。
その際にビットコインの価格が貰える報酬の半減分を補えるほどに高くなっていればいいのですが、そこでどうなっているのかはわかりません。

つまり、そうなった場合はマイニング業者の撤退などは勿論のこと、投資している側に関しても回収までの時間が大幅に長くなってしまうなどの可能性を含んでいるという事になります。

まとめ

確かに現状はかなり投資効率の良いクラウドマイニングですが、今後がどうなっていくのかを予想するのは中々難しいかと思います。ただ、そうは言ってもどんな投資にもリスクはつきものですし、回収までの期間がかなり短い事を考えると魅力的な投資である事は間違いないかと思います。

僕自身も今後の追加投資を考えていますし、そのリスクを負うだけの価値は充分にあるかと思います。
そうしたリスクをしっかりと理解した上で行うのならかなりおすすめの投資です。参考にして頂けたら幸いです♪

月利"20%"が見込める
おすすめビットコインFX売買ツール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク